SDGs
SDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsは、先進国・途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランスが取れた社会を目指す世界共通の目標として、2015年9月に国連で採択されました。貧困や飢餓、水や保険、教育、医療、言論の自由やジェンダーなど、人々が人間らしく暮らしていくための社会的基盤を2030年までに達成するという目標になっていて、17のゴール(目標)とそれぞれの下により具体的な169項目のターゲット(達成基準)があります。

※環境省・持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド(本編)より引用

当社の取り組みについて

当社はSDGsが定める17の目標の中から、当社とステークホルダーにとって重要度の高い課題を精査しました。その結果、当社の社会貢献活動として推進できる活動は、当社にとって関係性の深い「環境」、「製品」、「パートナー」、「人」について、SDGs17項目から重要度の高い目標として以下を掲げました。
創業時より「より良い製品を」、「より厚い信用を」、「より実りある共存共栄を」を社是として、「顧客満足度(CS)の向上」を第一スローガンに、お客様の快適な暮らしをサポートしてきた当社にとっては、持続可能な社会の実現は、大きな挑戦であり、チャンスであると考えています。
ステークホルダーが暮らす地球と社会が抱える課題の解決に向け、船井サービスらしい社会貢献活動を地道に進めることで、SDGsの目標達成に大きく貢献してまいります。

SDGsコミットメント

環境に対して

当社は、低炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギーやEV(Electric Vehicle)の普及を目指し、V2H(Vehicle to Home)システムやEV充電設備の設置、太陽光発電設備(PV)のメンテナンスの事業を推進してまいります。あわせて、クールビズ・ウォームビズの推進、LED照明の使用、昼休み時間の消灯など、社員一人一人が省エネ・省資源に取り組んでまいります。

環境省が推進する「COOL CHOICE」「Fun to Share」に賛同しています。

エネルギーをみんなに、そしてクリーンに(エネルギー)
気候変動に具体的な対策を(気候変動)

製品・サービスに対して

当社は、仕事を通して会社が発展し、個人も幸せになれるシステムづくりにおいて、「環境」の保護、「品質」の確保、「個人情報」の保護が最重要と考えこの3つのマネジメントシステムを社内に構築し、継続的に改善・運用していくことにより、「顧客満足度(CS)の向上」を浸透させ、安心・安全で高品質なサービスを提供していきます。「QMS」、「EMS」、「PMS」は、それぞれ独立したファクターではあるものの、相互に密接に重なり合い有機的に関連しあうものです。

産業と技術革新の基盤を作ろう(イノベーション)
つくる責任、つかう責任(生産・消費)

様々なパートナーシップの経験や資源戦略に対して

当社は、パートナー企業の選定にあたり、従来型の、儲かっている企業や伸びそうな企業といった財務情報の観点ではなく、ESGSの観点による契約締結を重視していきます。

・自然環境にとってよい企業か(Environment)
・社会にとってよい企業か(Social)
・企業の収益の公正さ(Governance)
・それらが持続可能かどうか(Sustainability)

また、パートナー企業と連携して、紙媒体の低減やEVの利用奨励、推進に取り組んでまいります。

パートナーシップで目標を達成しよう(パートナーシップ)

人に対して

当社は、企業の成長においては、「良い人材」の活躍が不可欠であり、「良い人材」を集めるには、「良い組織風土」が不可欠と考えています。社員一人ひとりが安心して働け、活躍の機会を提供することで、常に自己練成し、100%のパフォーマンスを継続して実践していける組織・環境づくりを目指します。

・多様な人材活用
・ベテランの活躍の場の創出

すべての人に健康と福祉を(保険)
ジェンダー平等を実現しよう(ジェンダー)
働きがいも経済成長も(成長・雇用)