法令点検業務

「フロン抑制法」に基づく簡易点検・定期点検など新設された法令点検業務に対応

2015年4月施行「フロン排出抑制法」により
機器の点検・記録の保管が義務化●●●されました。

フロン排出抑制法により義務化された「簡易点検・定期点検」は、船井サービスにお任せください。

手間のかかる点検作業から予防保全まで、有資格者による総合的なサービスを提供いたします。

フロン排出抑制法の対象者は?

フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)の管理者(所有者)様が対象です。

管理者(所有者)様は、機器を適正な使用環境で維持し、定期的に点検を行う必要があります。

点検対象となる機器は?

業務用空調機器
業務用空調機器 業務用室外機

スポットエアコン

パッケージエアコン

ビルマルチエアコン

ガスヒートポンプエアコン

チラー

除湿機

など

業務用冷凍冷蔵機器
自動販売機 冷蔵ショーケース

冷凍・冷蔵庫

冷凍・冷蔵ショーケース

冷凍・冷蔵装置

自動販売機

コンデンシングユニット

ヒートポンプ給湯器

など

管理者(所有者)の責任と義務は?

機器の設置に関する義務

振動源を機器周辺に設置しない、点検・修理に必要な作業スペースを確保する、機器周辺の清掃の実施など機器の損傷等を防止する為に、適切な場所への設置、設置する環境の維持・保全が求められています。

機器の使用に関する義務

点検

対処

記録

報告

簡易点検

全ての第一種特定製品に実施必要。

定期点検

第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用機器に実施必要。

フロン類の漏えいが見つかった際、未修理機器へフロン類を充填することは原則禁止されています。

適切な専門業者に修理、フロン類の充填・回収、機器の廃棄を依頼しなければなりません。

機器の点検・修理・冷媒の充填・回収の履歴は、当該製品を設置した時から廃棄するまで保存しなければなりません。

フロン類の漏洩量が年間1,000CO2-トン以上の場合は、事業所管の大臣に報告する義務があります。※報告された漏えい量は会社名と共に公表されます。

船井サービスにお任せください 管理者(所有者)様に取組んでいただく内容

点検の内容は?

フロン排出抑制法に基づく機器の点検は、以下の2つの方法があります。

定期点検の対象となる機器の確認は、空調機器の室外機などの銘板に記載された「定格出力」などで確認できます。不明な場合は、カタログやメーカーにお問合せください。

点検種別

対象機器

電動機器定格出力

点検頻度

点検内容

簡易点検 全ての第一種特定製品 全ての点検対象機器 3カ月に1回以上

目視確認による

1.異常音・異常振動

2.摩耗・腐食・損傷

3.錆・油漏れ

4.熱交換器の霜付着他

定期点検

有資格者点検

空調機器 50KW以上 1年に1回以上

目視確認等による

〇直接法

 1.発泡液や蛍光剤で確認

 2.電子式漏洩ガス検知法

〇間接法

 1.機器運転状況記録から判断

3年に1回以上
冷蔵・冷凍機器 7.5~50KW未満 1年に1回以上
7.5KW以上

違反には罰則があります。
手間のかかる点検は私たちプロにお任せください。

フロン排出抑制法に伴う簡易点検・定期点検等について、お困りのことがありましたら

ぜひお気軽にご相談ください!

ご法人様専用窓口 ご依頼・ご相談その他のお問い合わせはこちらをご利用ください。 TEL 06-7669-9700 FAX 06-6746-3326 AM 9:00~PM 5:30(土日祝、その他弊社が定める休日を除く) 船井サービス株式会社

お問い合わせバナー画像 環境省ウェブサイト フロン排出抑制法(平成27年4月施工) リンク画像